Home > mimeTeX Archive

mimeTeX Archive

mimetexを使ってブログやWebページへ数式を入れる

  • Posted by: kimi
  • 2010年1月24日 14:28
  • mimeTeX

 拙ブログの中で意外とアクセス数が多いのはMovableTypeで数式を!です。この記事はOSがSolaris10のサーバーでmimetex.cgiを稼働させ、LaTeXライクな入力で数式をgifイメージに変換し埋め込む方法を書いたものです。検索キーワード等より推測すると、アクセス数が多い理由はmimetexの情報が意外と少ないからではないでしょうか。
 毎回の記事が数式を使うようであれば契約されているサーバーでmimetex.cgiを稼働させた方がベターだと思いますが、今だけ使いたいという方もいらっしゃると思います。
 本エントリーは私どものサーバーで動いてるmimetex.cgiを使っていただき、簡単に見栄えのよい数式を生成してWebページやブログへ入れ込む手助けを目的とします。

 使い方は簡単でイメージタグを用い下記を埋め込むだけです。
 <img src="http://www.analib.com/cgi-bin/mimetex.cgi?数式">
私どものサーバーが不運にも未稼働であることも考えられますので、
 http://www.analib.com/cgi-bin/mimetex.cgi?数式 で得られたgifイメージを保存してアップロードという使い方もできます。
 http://www.analib.com/cgi-bin/mimetex.cgi?\Large f(x)=\int_{-\infty}^x e^{-t^2}dt 
という記述をすれば、

 \Large f(x)=\int_{-\infty}^x e^{-t^2}dt

が得られます。

 mimetexの数式例はこのページにあります。数式をクリックすればどのような記述になっているか分かります。

 面白い使い方としてカレンダー表記もできます。
 http://www.analib.com/cgi-bin/mimetex.cgi?\normalsize\calendar
とすると下記が得られます。
\normalsize\calendar

 LaTeXライクの記述法は作者であるJohn氏のWebサイトでLaTeX Tutorialが参考になるでしょう。ここにもフォームが用意されていて記述した数式を確認できます。

 不運にも私どものサーバーが稼働していないときはgifイメージが得られません。この場合はどうぞご容赦ください。
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

MovableTypeで数式を!

 ことの始まりは"ブログで数式を書きたい"からでした。mathmlで記述しようと思ったのですが ブラウザ依存が激しいこと、そして書いた文章がマークアップの記述で読み返しが大変なことから諦めました。いろいろと調べてみるとTeXライクな記述で書いた数式をgifイメージに変換してくれるmimeTeXがあることを知り、黙々と"ブログで数式を!"を目標に空いた時間を見つけて作業しました。MTのプラグインも公開されており、それを利用してこんな感じ\small\frac12\int_{a+b+c}^{d+e+f}g(x)dxの数式が簡単に記述できます。この記事はサーバーのOSがSolaris10、ブログがmovable type4上で数式を表現できるまでの記録です。同じことで悩んでいる方の手助けになれば幸いです。

 まず始めにCのソースコードの入手です。mimeTeXのWebページで下の方にQuickBuildの項目があり、ここから入手します。OSがWindows/Linux(i386)/FreeBSD(i386)/NetBSD(i386)等ならコンパイルを終えたバイナリーがあるのでそちらを使うといいでしょう。残念ながらSolarisは新しいバージョンでビルドしたものはなく、旧バージョンもSolaris8のバイナリしかおいてありません。作者さんのJohnさんへemailしてSolaris10用のバイナリを尋ねたのですが、Johnさんの環境ではSolaris10がないためバイナリは提供できないというお返事でした。

 Sun社さんへ問い合わせてみたところx86のSolaris10がフリーであり、Cの開発環境も無償というお返事をいただいたので早速ダウンロードしました。Solarisu10はここ、開発環境 SunStudioはここです。事務所にある数台のlinux系OSはDELLさんのPCで稼働しています。linuxのブートでも悩んだのですがSATAがらみの問題でGRUB(ブートローダー)から起動しない経験がありました。Solaris10をインストールするときもGRUBを使用しており、同じような問題でDELLさんのPCではインストーラーが立ち上がりません。そこでWindowsXPpro機でvmwareを使って仮想マシンを構築し、mimeTeXをコンパイルする方法にしました。

 vmwareでSolaris環境を構築するときに参考したサイトは、「SolarisをVMwareにインストールする方法」と、「まずはSolaris 10をインストール!--Solaris 10で行こう!」の2サイト様です。とても詳しく書かれていて参考になりました。貴重な情報を公開していただけたことに感謝いたします。 前者のサイト様はSolaris10をCUIでインストールされています。最初はこの方法でチャレンジしましたがハードディスクの割り当てでつまずき、後者サイト様のGUIに切り替えました。ただし、全てオートでインストールしてしまうと"/"以下のディスク割り当てが必要最小限になってしまいCの開発環境であるSunStudioをインストールする余裕がありません。そこでカスタムインストールを選択しました。GUIで行うとディスクの割り当ての時に簡単な計算結果をだしてくれ、誤った指定から得た結果を元に簡単に修正できるからです。僕の場合はvmwareでSolaris用に20GBを割り当て、"/"以下が10GB 残りを"/export/home"以下にしました。ことなくSolaris10はインストールでき、ユーザーアカウントを作成後SunStudioをインストールしました。mimeTeXのコンパイルも無事終わり"mimetex.cgi"をサーバーへアップロード、パーミッションは"755"で動いています。

 次はMovable Typeで使いやすくするためのプラグインです。ブログの記事を書くときに毎回 http://〜とmimeTeXの場所を書くのが面倒であるのが理由です。MTのプラグインからコードをコピーし、ローカルマシンに"textags.pl"という名前で保存します。修正する箇所は"mimetex.cgi"を指す自サイトのURL部分です。次にMTのpluginsフォルダに"TexTags"のフォルダを作成し、その中へアップロードします。"TexTags"フォルダ、"textags.pl"のパーミッションは"755"としました。これでMTの「ブログ記事の編集」でタイトルの右下にある「フォーマット」にTexTagsが追加されます。ブログで数式を書くときは[tex]{数式}[/tex]でOKです。

 


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > mimeTeX Archive

Search
Feeds
Tag Cloud
About Me

アナログIC設計開発に30年間従事

2002年故郷へ戻り起業

Links
Tag Cloud

Return to page top